読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

作られた文章

潰すか?

どうせなら日記を書く習慣だけは続けたいのだけど、ものぐさでなんなら「1日1回右手を挙げる」というルールを建てたとしても次の日には忘れているだろう。習慣の1番の敵は忘れてしまうことかもしれない。
三連休も終わりということで、朝からちょっと気怠げだったのだけど休日は喫茶でコーヒーを飲まないと気が済まないので散歩がてら近所のところに向かったけれど休みだった。仕方ないのでそのまま1キロくらいあるいてバーガーショップでブランチにした。柄谷の「畏怖する人間」がカバンに入ってたのでそれを読みながらハンバーガーを食べた。
昼からはクリストファー・ノーランの「ダークナイト」を観た。正直「バットマンビギンズ」はあまり面白くなかったのだけど、これは傑作と呼んでもいいのでは。ジョーカーのキャラクターと演出が際立っていて、なんならバットマンがワキに追いやられていたと言ってもいい。前に見た「バットマン」はジャックニコルソンがジョーカーをやっていて、「ダークナイト」のそれとはキャラも違いがあり、あちらは伊藤計劃も言うように『無邪気な子供」の延長のような狂気だった。「ダークナイト」のジョーカーはあくまでバットマンから生まれたのだ、という点が強調されている。「されている」というのは作品内でそう言われているからであるが、とはいえジョーカーが生み出される器がバットマンでは小さいのではと感じないでもない。決着はジョーカーにグンパイでしょう。てっきり次作でジョーカーとの決着が着くものと思っていたけれど次作は全く登場しないらしい(ジョーカー役の人もこの映画を撮り終えた後亡くなっている)。
いわゆるヒーローモノにはあまり食指が動かないのが正直なところだったが、「ダークナイト」は楽しめたので他の作品にも手を出してみよう。

晩飯は近所の中華料理屋でオムライスを食べた。持論だけど近所に喫茶店と洒落てない中華料理屋は探しておいたほうが良い。ジャンプやマガジンのバックナンバーを置いてるとなお良し。